MENU

年上男性をどのように攻略するか

年上の男性を好きになってしまったけれど、どうしていいのか分からない女性のために、その攻略法を伝授します。

 

「年上の男性にありがちな傾向について」

 

年上の男性と一口に言っても、それぞれに考え方が違うのはあたりまえです。
ですが一般的に、年上の男性は年下の女性から頼られたいという気持ちがあるのは事実です。
特に年下の女性が好みの男性は、歳の離れた女性の持つ「子供っぽさ」を可愛いと思っている傾向があります。

 

年上の男性に頼ったり甘えたりすれば、彼はあなたのことを可愛いと思って、一層あなたのために頑張ってくれるかもしれません。

 

ですが、その甘えも時と場合を考えましょう。
年上の男性というのは、それなりに会社での責任も地位もある場合があります。
仕事で忙しくしている時に、あなたから甘えられても困ってしまいます。
あなたも社会人であれば、時と場合をうまく使い分けましょう。
忙しい時は仕事のサポートに徹し、その分休日には存分に甘えれば、そのギャップに彼はメロメロになるかもしれません。

 

またいつも甘えるばかりではいけません。
男性というのは、いくつになっても女性に甘えたいという願望を持っています。
もし彼が甘えて来た時には、存分に甘えさせてくださいね。
会社ではいつも気を張っている彼がほっとできるのは、あなたの前だけかもしれません。

 

「年上の男性をどのように振り向かせるか」

 

やはりわからないことは、何でも彼に聞いて頼るようにしましょう。
知ったかぶりの女性というのは、男性には嫌われるものです。
いつも気持をピュアな状態にしておいて、分からないこと、知らないこと、困ったことなど何でも彼に相談するのです。

 

その結果彼から得たアドバイスが、あなたの意に沿わないものだったり、既に知っていることだったりしても、それは言ってはいけません。
「ありがとうございました。」といつもにっこり心からお礼を言うのです。
あなたが全身で「助かりました」という気持ちを表していれば、彼もあなたのことが気になり続けるでしょう。

 

また相談するだけでなく、たまにはお食事をすることもあるでしょう。
そんな時に彼の方が御馳走してくれる時には、あまり遠慮しすぎずにありがたく御馳走になりましょう。
もちろん、きちんとお礼をいって、たまにはこちらから御馳走したり、小さなプレゼントでお返しをするなどの気遣いは必要です。
女性だから、年下だから、御馳走して貰って当たり前というような考えでしたら、すぐに改めてくださいね。

 

「年上の男性が好きになってしまったあなたへ」

こちらにあげたのはあくまでも一般的な年上の男性の特長と攻略法です。
ですがあなたが好きな彼にも、当てはまるところがあるのではないでしょうか。

 

「おわりに」

年上の男性には自分なんて子供っぽ過ぎる、なんて諦めずに、年下ならではのメリットを活かして、是非頑張ってみてくださいね。