MENU

数回デートした相手の誘いを上手に断る方法3選

「出会いは貴重だから」と、試しに数回デートしてみたけど・・・。
やっぱり好きになれない!と判断することもあるでしょう。
でも相手は「脈アリ」だと思っていそう・・・。
そんな時の上手な断り方をまとめました。

 

1.環境が変化したことにする

・「最近仕事が忙しくなって来て」

なかなか会う時間が取れない言い訳です。
仕事と言われたら諦めるしかありませんね。
それでも「いつ頃なら会える?」と言ってきた場合。
「また落ち着いたらこちらから連絡します」
と付け加えると角が立ちにくいでしょう。

 

・「習いごと始めました」

将来に向けて頑張っているなら、相手も文句は言えません。
「習いごとにお金がかかるので、しばらく遊びにも行けませんよ〜」
と、お金がないこともついでにアピール。
しかし根掘り葉掘り内容について聞かれる可能性も。
あらかじめその点を予習しておく方が良さそう。

 

2.断り続ける

・「その日はちょっと・・・」

と相手が諦めるまで言い続ける方法。
連絡をスル―出来ない相手の場合有効です。
具体的な予定を聞かれても「ちょっと・・・」でひたすら逃げる。
あくまでも相手から切り捨ててもらえるまで濁します。

 

3.「友達」をアピール

・「好きな人ができたかも」「彼氏ができそう」

と異性関係を匂わせて「あなたは友達です」と暗にほのめかす方法。
明るく「今度相談に乗ってもらってもいい?」と言うのもアリ。

 

・「紹介したい女の子がいるんだ」

いきなり別な子を紹介してしまう方法。
これは「自分は恋愛対象じゃない」というアピールになります。
ただ実際に「紹介して」と言われてしまうかもしれません。

 

・「○○くんとはホント良い友達になれそう!」

つまり「恋人候補ではない」ことをアピール。
「今度彼氏が出来たら紹介するね!」とダメ押しで完璧です。

 

おわりに

何回か会ってしまったがために断りづらい。
そんな時にはぜひ、お試しください。