MENU

モテメールで彼氏をゲットする方法

最近では「メールから始まる恋」というのも珍しくはありません。
女性にとってメールの意味は会話のようなコミュニケーションツールです。
女性同士のメールの内容は、意味のない、オチがないということが多いでしょう。
男性にとってはそれが苦痛になることがあります。
男性のメールは事務的な連絡のみに使用する事が多いです。
中にはメールは面倒くさいと言って、メールではなくて電話をする人もいると思います。
そんな男性に、女性に送るようなメールを送り続けるとどうなるでしょうか。
最悪の場合は嫌われてしまうかもしれません。

 

しかしこのメールを上手く使いこなし、モテメールを取得すれば彼氏をゲットするのも夢の話ではありません。

 

「相手の性格を知ろう」

まず初めに最大の難関が立ちはばかります。
ここで失敗すると先の展開に進む事が難しくなることがあります。
女性からしたら好意を持った男性には沢山メールを送りたいという気持ちになります。
それはメールをすることで相手に自分の存在を伝えたり、その返信内容で脈があるかどうかを知るためです。
でもここで焦ったらダメです!!
初めからメール攻撃は好ましくありません。
とりあえす事務的な連絡から始めましょう。
メールの返信が早い、返信の文章が長い、などであれば少しずつメールの回数を増やしていってもいいでしょう。
メールの返信が「はい/いいえ」のみだったり、返信してくれるまで時間が長いのであれば、メールを面倒くさがっている場合があるので注意です。

 

あとは相手の生活習慣でメールを送る時間帯を考えましょう。
仕事中にメールをしても迷惑なだけです。
家でまったりしてるであろう時間帯にメールするのが一番いいでしょう。

 

「親密度をアピールする」

メールで親密度をアピールするために一番手っ取り早いのが、呼び方です。
さりげなくメールの中に相手の名前やあだ名を入れてみてください。
相手はドキっとするはずです。
後は、相手の話に共感する事です。
自分と同じ考えを持っていると思うと、もっと話してみようという気持ちになります。
後は絵文字です。
絵文字の使い過ぎも好ましくはありませんが、絵文字を使うことで女性らしさもアピールする事が出来ます。
ただハートを沢山使ったり、意味不明な絵文字を使うのは止めましょう。
何事も「程よく」使う事がコツです。

 

「相手にメールを返信させるようにしむける」

なんだか難しいのでは?と思いますが、とても簡単です。
相手にメールのやり取りが苦痛、面倒くさいと思わせないコツです。
疑問系や質問のメールをしてみましょう。
相手も自然とメールを返す事が出来ます。
ただ、この手法を毎回使ってはいけません。
使いすぎると相手はメールに疲れてしまいます。

 

メールで彼氏をゲットするためにはモテメールを出来るように心がけましょう。
モテメールの技を取得すれば「メールから始まる恋」ができるかも知れません。